ホーム » 研究紹介 » 先物市場の制度設計への応用

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

research:umart 2016/03/17 09:15 現在
ライン 1: ライン 1:
 +====== 先物市場の制度設計への応用 ======
 +{{:research:research_umart.png|}}
 +年々取引量が増大し,経済全体に影響を与える度合いが増している金融市場において,市場を制御する制度の研究は極めて重大な課題です.小野研究室では,先物市場の制度を進化的に設計する手法に関する研究を行っています.先物市場における制度の評価には,エージェントベースシミュレーション(ABS) を利用することを考え,現在,U-Martシステムとよばれる仮想先物市場を構築しています.
 +
 +U-Martシステムは,[[http://www.u-mart.org/html/index-j.html|U-Martプロジェクト]]が提供する仮想先物市場シミュレータであり,東工大,大阪府立大,防衛大,京大などの研究室が開発に関わっています.現在のバージョンは,板寄せとよばれる価格決定方式のみをサポートしていますが,現在,ザラバ方式の開発も進んでいます.