ホーム

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

start 2019/04/04 18:17 start 2019/04/04 18:17 現在
ライン 12: ライン 12:
これが研究室の大目標です。すなわち、問題さえ与えれば、解き方を教えなくても、自ら試行錯誤して優れた設計解やモデルを発見できる人工知能を実現したいと考えています。 これが研究室の大目標です。すなわち、問題さえ与えれば、解き方を教えなくても、自ら試行錯誤して優れた設計解やモデルを発見できる人工知能を実現したいと考えています。
-そのため、進化原理に基づいた新たな人工知能である「進化計算 (Evolutionary Computation)」に関する研究を行なっています。具体的には、数値最適化、組合せ最適化、多目的最適化のための進化計算アルゴリズムの開発を行う基礎的な研究と、独自に開発したアルゴリズムを設計やモデリングの問題へ適用する応用研究を行なっています。+そのため、進化原理に基づいた人工知能である「進化計算 (Evolutionary Computation)」に関する研究を行なっています。具体的には、数値最適化、組合せ最適化、多目的最適化のための進化計算アルゴリズムの開発を行う基礎的な研究と、独自に開発したアルゴリズムを設計やモデリングの問題へ適用する応用研究を行なっています。
進化計算は、近年、新幹線や国産ジェット機の設計にも利用され、多くの注目を集めているアルゴリズムです。今後、コンピュータの高速化とモデリング/シミュレーション技術の発展との相乗効果で、進化計算は新たな問題解決のためのパラダイムとして発展していくでしょう。 進化計算は、近年、新幹線や国産ジェット機の設計にも利用され、多くの注目を集めているアルゴリズムです。今後、コンピュータの高速化とモデリング/シミュレーション技術の発展との相乗効果で、進化計算は新たな問題解決のためのパラダイムとして発展していくでしょう。