ホーム » 研究紹介 » 関数最適化のための実数値GAの開発

関数最適化のための実数値GAの開発

関数最適化は,決定変数が連続値である最適化問題であり,さまざまな分野において幅広く現れる非常に重要な問題です.

多峰性や変数間の依存関係に起因する困難さへ立ち向かうため,これまで,単峰性正規分布交叉(Unimodal Normal Distribution Crossover; UNDX)と世代交代モデルMinimal Generation Gap (MGG)を組み合わせたUNDX+MGGなどの実数値GAを開発してきました.

小野研究室では,UNDX+MGGでは解決困難なさらに複雑な景観を克服するため,新たな交叉および世代交代モデルの開発に取り組んでいます.